【How Netflix Uses AI, Data Science, and Machine Learning】
(NETFLIXはどのようにAIやデータ、そしてその学習能力を使っているのか)

これには感動しました。

 

 

Netflixにある映画やドラマのキャスティングは、なんと人間じゃなくてAIがやっているそうです。

 

 

Netflixのヘビーユーザーには何が流行っているのか?どんなコンテンツがよく視聴されているのか?どのキャスティングだと視聴率が高いのか?どういう結末にすれば離脱率が低いのか?

全てAIが莫大なデータの中から分析しているそうです。

 

 

そして映画やドラマの表紙であるサムネイル。これもユーザーの好みに合わせて作成しているそうです。

 

そのユーザーがアジア人を好むのか?

 

白人を好むのか?

 

黒人を好むのか?

 

 

ロマンス調にした方がクリックするのか?

 

サスペンス調にした方がいいのか?

 

 

全部自分のクリックしてきたものをベースにして分析され、”自分の好みに合ったもの”を表示してくれるらしいです。

だから、「この作品はあなたの好みに80%のマッチングです」とかって出てきますよね。

 

 

そのためNetflixは動画コンテンツを揃えているものの中で、顧客満足度もダントツで高いそうです!

 

 

AIすごすぎますね笑

 

 

これからは
キャスティングする人も、プロデューサーも、コンテンツにアドバイスをする人も、雇わなくて良くなるみたいな現象が起きても不思議では内容な気がしますね、、、、。

 

その分を映画やドラマの制作費に当ててるため、Netflixの2019年の映像制作費は約1.6兆円で、この額はハリウッド映画の制作費を上回るそうです笑

つ、強すぎる!Netflix!

 

 

Netflixファンの友達にこの事を話したら、かなり盛り上がりましたので皆さんも是非ともこの話題は共有してみてください笑

 

======================

 

 

さて
前置きが長くなりましたが、

今回Netflixの事を通して気づいた事が、「日本語で検索して得られる情報の少なさ」です。

日本語でもNetflixのことを調べてみましたが、ほとんど有力な情報は出てきませんでした。
「サムネイルがちょいちょいおかしい」とかは出ましたが笑

そこで今思ったのが「英語を使えるようになっておくと、これから受けられる恩恵はかなり大きい」という事です。

 

今後この世界を生き残っていくために必要なのは、やはり情報だと思います。

 

 

情報をいち早く得ることができ、そこから次のステップを考えられるようになると、

その情報を知らない人たちと比べたら、それはとてつもなく大きなリードになるなと。

 

英語に全く興味がない、話せるようになりたいと思っていないという人も、

英語が自分の仕事や、自分が取り組んでいる事をさらに上のステージに引っ張っていけるツールとなると考えたら、身につけておく事は全くマイナスではないのではないのかなと思います。

 

 

「Studying English really paid off!」

 

 

 

◇参考記事↓
https://becominghuman.ai/how-netflix-uses-ai-and-machine-learning-a087614630fe

◇参考動画↓