ホワイトデーにちなんで今回のTAMARIBAでは

「白い服を身に纏い、みんなで会場を白くしてしまおう」

というテーマの元、ホワイトデーイベントを開催しました!
当日の食事も色が白い物を数多く並べ、椅子や机も白い物を使い、
とにかく会場を白くすることに務めました!

そこでホワイトデーの説明となぜこのような文化が生まれたのか、
通常はどのように祝うのかなどの日本ならではの文化を
を海外から来られた参加された方々にお伝えしました!

《ホワイトデーの由来》
ホワイトデーは、一般的にバレンタインデーにチョコレートなどをもらった男性が、そのお返しとしてキャンディ・マシュマロ・ホワイトチョコレートなどのプレゼントを女性へ贈る日とされる。日付は3月14日。ただし、近年(2000年代以降)の日本では「友チョコ」や「自分チョコ」、「義理チョコ」などバレンタインデーの習慣が多様化してきていることから、ホワイトデーにも「友チョコ」や「義理チョコ」のお返しが行われるなど多様化が見られる。

ホワイトデーの習慣は日本で生まれ、中国大陸や台湾、韓国など東アジアの一部でも見られる。欧米やオセアニア、アフリカなどその他の世界ではこういった習慣は見られない。
(引用 Wikipedia)

このホワイトデーの始まりは日本でバレンタインデーが定着するに従って、菓子業界でそれにお返しをする日を作ってはどうかという案が出されたことによると言われている。
どの菓子屋が始めたのかなど諸説はあるが、世界でこういった習慣が見られないことから、日本で始まったのは間違いないみたいですね!